インサイト

顧客が購買行動に走る時の本音を意味します。
欧米の広告業界で使われ始め、ユーザーの行動よりも、心理に焦点を当てたマーケティング手法を言います。

思わず買ってしまう(動いてしまう)『ツボ』を意味します。思わずその商品がほしくなるポイントのことを『消費者インサイト』売り場の前を通りかかったとき、「これいいな」と思うポイントを『ショッパー・インサイト』と言います。

従来のマーケティングは、顧客は論理的にものを考えると規定し、それに沿って商品を売り込みますが、現在は顧客を1人の人間としてとらえ、気持ちや感情の面をより重視して売り込むため、このインサイトという概念が重要になります。