ソーシャルリスニング

 Webクローニング技術により、ソーシャルメディア上に流れる情報を収集し、調査分析して、業界動向、トレンド予測、自社ブランドに対する評価の改善に生かすことを言います。従来は顧客のクレームという形でしか得られなかった顧客の声を、ソーシャルメディアからの情報によって商品に対するポジティブな反応、マスメディア広告に対する反響、まで可視化することができるようになります。またソーシャルメディアから得られる膨大な『ビックデータ』によって、業界のより精度の高い未来予想図が描ける可能性が出てきました。ソーシャルリスニングにおいては、自社のTwitter、facebookにとどまらず、幅広くソーシャルメディア上の声を分析し大局をつかむことが重要です。ただ、単なる声の集積では少数意見が見落とされがちになりますので、そこに隠されている大切なヒントも拾い上げる注意力も必要です。また、あまりに行き過ぎた情報収集は、ユーザーに『監視されている』イメージを与え、嫌悪されますので配慮が必要です。コミュニケーションをすべき相手を探し出し、繋がり、理解するには、ソーシャルリスニングの方法論やツールだけでなく、人間的な判断を用いて取り組むことも重要です。