バイラルマーケティング

 マーケティング手法の1つで、クチコミを意図的に拡散し、認知度を上げ、需要を生み出し、利益の向上を図る手法をさします。2つの段階があり、1つ目は、既存の顧客に対して、製品やサービスを顧客の周囲の人に紹介することでメリットがあるような仕掛けを作り、商品自体に設置する手法です。SNSやコミュニケーションサービス、ソーシャルゲームのように、仲間を巻き込んで利用することで、商品のサービス、利用価値が向上するものを目指します。2つ目の段階では、お友達紹介キャンペーンや団体割引のように、周囲の人に紹介したり、商品利用を誘うことで、顧客に優待が生じる仕組みを作ったりできます。
 なお、有名人や閲覧者の多い個人のブログサイトに、販売促進であることを伏せたまま協力してもらうステルスマーケティングもバイラルマーケティングに含まれます。バイラルマーケティングは、成功すれば低コストで効果が上がりますが、失敗すると、誤った情報の流布、特典目当ての新規顧客の増大が利益を圧迫、ステルスマーケティングが明るみに出るなどのデメリットもあります。