バズマーケティング

 クチコミを人為的に発生させるマーケティング手法を言います。現在の消費者は、氾濫する情報にさらされて、むしろクチコミを信頼するようになったことから、マーケティングは、オピニオンリーダー、アーリーアダプターなどへのアプローチから、バスマーケティングへと方向転換されるようになりました。そこでまず販売ターゲットを絞り込み、その層に影響力の強い人(インフルエンサー)を選定して、働きかけ、ターゲット層にクチコミを広めるように仕向けます。クチコミを発生させる点において、バイラルマーケティングとは異なりますが、あくまで人為的な行為であるため、選定されたインフルエンサーがサンプルや金銭の授受を伏せている場合は、後に問題となる場合もあります。