フォロワーよりもエンゲージメント。動きつつあるソーシャルマーケティングの指標

2017年02月21日

0221いままでは投稿をおこなうことで、いくらフォロワーが増えたのか、が注視されていました。
しかし、今や投稿することで、いいね!がどれくらい付いたのかが重要視されています。いいね!やFavなど、ユーザーからおこなうアクションがエンゲージメントとされてきています。エンゲージメント率を「いいね!」数とコメント数の合計÷フォロワー数で出しているところもあります。どの指標を重要視するかはサービスによりますが、トレンドとしてユーザーがアクションをおこなった数を重要視する、という傾向があります。このエンゲージメントをうまく見るツールとしてIconosquareがあります。

ツールを使うことで、Instagramの投稿内容を定量的に判断し、自社のコンテンツの方向性を定めてもいいかもしれません。

本文の続きはこちら