メールマーケティングをする前にLINE@を 開封率が上がるツール選択

2017年03月15日

16-1LINE@を活用している企業はまだまだ少ない状況ですが、有名な企業の支社や地方自治体、団体などが使い始めています。

TwitterやFacebook、Instagramで伝えるべき情報とLINE@で伝えるべき情報は異なります。LINE@では割引情報やキャンペーン情報、新着商品情報等のニュースを伝えることが多いです。つまり、メールマガジンとほぼ同じ種類のものと考えられます。同じ種類の内容を送るならば、メールマガジンかLINE@がどちらかを選択するほうが工数も減らせますし、ユーザー側も同じ情報を複数回受け取らずにすみます。

本文の続きはこちら