「残念なコンテンツ」はこうやって誕生する

2016年02月17日

0217電車の車内広告やネットのディスプレイ広告など、日頃からよく目にする広告コンテンツ。例えば、優れたコピーの広告は消費者の心に刺さりやすく、コンテンツとしての訴求力も高いです。しかし、中には一体何をアピールしたいのかわからない、残念なコンテンツも多く存在します。

今回は、そんな残念なコンテンツになってしまわないように、3つの例をご紹介します。

本文の続きはこちら