オンライン翻訳「gengo」でコンテンツを英語化!

2014年12月17日

1217コンテンツマーケティングでは読者に役立つコンテンツを作成することが重要とよく言われますが、せっかくコンテンツを作成したのであれば、それを英語などの多言語に翻訳して公開してみるものひとつの手です。特に自社で扱っているサービスや製品が海外にも販売できるものであれば、自社コンテンツを多言語化することでコンテンツマーケティングの効果を高めることができます。

しかしコンテンツの翻訳をするためにわざわざ人を採用するのは容易ではありません。かと言ってクラウドソーシングサービスで翻訳者を探しても翻訳のクォリティを判断するのは難しいですし、翻訳料金の相場も分かりづらいでしょう。下手をすると機械翻訳に軽く手を加えたような翻訳に相場より高い金額で発注していた、なんてことになりかねません。

そのような場合に重宝するのがオンライン翻訳サービスです。オンライン翻訳サービスとは、翻訳を依頼したい人と翻訳を請け負いたい人をマッチングするサービスです。翻訳者を採用する際に独自の試験を設けていることが多いので一定の品質レベルが期待できるのと、翻訳の単価が公開されているのでサービス間のコスト比較も簡単に行うことができます。

本文の続きはこちら