ノスタルジーを利用したコンテンツマーケティングの5つのポイント

2015年07月28日

0728お袋の味、思い出の歌、子供の頃に遊んだゲーム。誰しも心惹かれる懐かしい思い出があります。そのような思い出を契機として購買意欲を喚起する手法は「ノスタルジーマーケティング」と呼ばれています。

日清食品はカップヌードル30周年記念復刻版と称して、1991年に発売されたブタホテテドリ味と1988年に登場したビアンコ味を発売しました。これは日清食品が一方的に復刻版を発売したのではなく、発売前に「歴代カップヌードル復活総選挙」と題して、消費者からの人気投票によって復刻させる商品を決定する手法を取っていることもあり、消費者を巻き込むことに成功しています。自社商品の歴史を活用して消費者の興味を引いた良い例と言えるでしょう。

本文の続きはこちら