嫌われ者のオンライン広告に未来はあるか?

2015年10月22日

1022allオンライン広告はインターネットの普及と共に広がりWebサイト運営者の収益源となる一方で、眩しいバナー広告や突如として現れるポップアップ広告など様々な表現手段が登場し、ユーザーからは決して好意的に受け入れられるものではありませんでした。

現在は広告の表示方法や、広告に関連するユーザー体験により、オンライン広告で成功する企業とそうでない企業の明暗が分かれています。Googleの検索連動型広告やFacebookのソーシャルターゲティング広告は好調を維持する一方で、Twitterは広告ビジネスを確立できていません。

本文の続きはこちら