実証とその過程をコンテンツにする

2015年10月09日

1009all自社の製品やサービスについてアピールしたいとき、相手に真正面からそのまま説明しても「説明を聞いてみたい!」と思ってもらうことは、よほどその商品にエポックメイキングなニュース性がない限り難しいことが多いでしょう。

そのような場合は「説明」ではなく「実証」とその過程をコンテンツにすることで、ユーザーに興味を持ってもらいやすいコンテンツを作ることができます。「実証」とは事実によって説明することで、事実を証明するための検証とその過程をコンテンツにしてしまおう、ということです。

本文の続きはこちら