Facebookのオーディエンスインサイトで顧客属性を把握する

2015年08月21日

0821normalFacebookはソーシャルメディアマーケティングにおいて最も企業活用が進んでいます。

2014年のNTTコムの調査では、ソーシャルメディアを活用している企業のうち76.8%がFacebookを使用しており、これはTwitterの59.2%、YouTubeの46.9%、LINEの34.8%、Google+の32.9%に比べて非常に高い利用率となっています。

特にB2B向け企業においては80%を超える企業がFacebookを使用しており、ソーシャルメディアを経由することで、従来の法人営業とは異なるチャネルから認知度向上を図ったり、これまで得られなかった顧客情報を入手したりするニーズを満たしていることが示唆されます。

本文の続きはこちら