Facebookページの効果を向上させるのに重要な3つのポイント

2016年03月04日

いいね!数やシェア数を増やすのも大切ですが、お客さんを集客する本来の目的を忘れてはいけません。外部から集客できる仕組みをFacebookページに盛り込むことも大切なのです。

Facebookページの運用といえばシェアをたくさんしてもらう、いいね!数を増やすことばかりに気をとられてしまいがちですが、SEO対策など基本的な対策をおろそかにしていませんか?今回は、Facebookの運用にあたってつい見落としがちなポイントを3つまとめたので紹介します。

1.サイトに実装するソーシャルプラグインの効果性を検証する
ソーシャルプラグインはサイトに設置して終わりではありません。ソーシャルプラグインがFacebookページへどれだけ流入をもたらしているか、どこに配置すればシェアの確率が高まるかといった細かい検証・分析をし改善を行うことが非常に重要です。Facebookが提供しているソーシャルプラグインの解析ツール「ドメインインサイト」を活用するのも手です。

2.SEO対策のため、ページ内のコンテンツに重要キーワードをいれる

忘れがちですが、FacebookページにおいてもSEO対策は有効な施策のうちの一つです。
ページについているいいね!の数にかかわらず、特定のキーワードを入れることで検索結果の上位に表示させることが可能になります。これは投稿内容に限らず、Facebookページのタイトル、ページ名、基本情報、ノート全てに該当します。ターゲット層が検索しそうな特定のキーワードを意識して使うことを心がけましょう。

3.アイキャッチ画像を入れて、視認性を高める
OGP設定をしてアイキャッチ画像を必ず表示させましょう。
ユーザーのタイムラインに表示されるのはわずかな時間でしかありません。画像がなければ見過ごされてしまう恐れがあります。必ず画像を表示させましょう。クリック率が高いといわれている画像は、「Beauty (美女)」、「Beast (小動物)」、 Baby (赤ちゃん)の3つです。どれもつい手を止めてしまうものばかりですね。

まとめ
いかがでしたでしょうか。Facebookの運用でつい忘れがちなポイントを紹介しました。基本的でどれも後回しにしてしまうことばかりですが、非常に重要なポイントです。ぜひとも参考にしてみてはいかがでしょうか。

《参考URL》
http://socialmedia-rex.com/facebook-marketing-2/fbpage-case/517
http://smmlab.jp/?p=8266
http://www.clisk.com/column/seo/%E8%AA%B0%E3%81%A7%E3%82%82%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8Bfacebook%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%81%AEseo%E5%AF%BE%E7%AD%96.html
http://laugh-raku.com/archives/6441