Googleマップの地図を画像としてサイトに埋め込む方法

2015年08月11日

0811Google Static Maps API V2を使うと、好きな場所の地図を表示するURLを発行できます。

これをサイトなどに埋め込むことで、ページ内に「Google Map」を表示できます。会社やイベント会場への案内を簡単に、わかりやすく作成できます。

またこれはJavascripsのように複雑なものではなく、ただ1行のURLを発行するだけなので初心者でも扱いやすいことが魅力です。

発行手順は次のようになります。

1.API KEYを取得

この作業は必須ではありませんが、Static Maps APIを使ううえで強く推奨されています。

このAPI KEYを取得すると、使用した地図に関する統計情報を把握できます。
発行した地図には使用制限(1日あたり25000回のリクエスト)が決まっており、現在のリクエスト回数なども把握できるようになります。

本文の続きはこちら