新機能検討ついて

2012年09月12日

当社では新機能実装について定期的にミーティングを行っております。

まずはお客様からのご要望が最優先になりますが、
Logitter開発チームでは週に1回、新機能を検討するミーティングを行っています。
ある程度、ご要望やアイディアが貯まった段階で社内全体(営業、運用、開発)で最終的な実装検討のミーティングを行います。

開発チームとしてはLogitterで実現したい事が山のようにあるのですが、クラウドサービスは一つの変更や修正が全体に反映してしまう為、個別のご要望にお応えするのが難しいという問題を抱えています。

SNS運用の目的は様々なので、あるお客様のご要望はその他のお客様も同様ではありませんし、社内(営業、運用、開発)の要望がお客様のニーズとは限らないからです。
これは同業の会社やサービスでも同じような問題や議論があると思いますが、当社も毎回、新機能検討については難航しています。

ただ、Logitterの基本的な方向性として、
「メディア別、コンテンツ別の費用対効果を直感的に把握できるもの」
を目指していますので、中期的な着地点としては上記をクリアできる機能なのか?ということが、社内的には一つの指針になっています。

SNSに限定したツールを目指している訳ではないので、
twitter又はfacebookの一機能に特化しているツールと比較すると、物足りない部分があるかもしれません。こればかりはリソースやAPIの制限を何の機能に集中させるか?の違いなので、ある程度は割りきらなければいけないと考えています。

Logitterの指針については、当社のバックグラウンドが大きく影響しています。

当社は
・SNS,SEO,リスティングを一括で運用しているクライアントが多い。
・元々アクセス解析ツールを開発していた経緯がある。
・社内に分析好き、ガジェット好きな人が多い。

その結果、Logitterというツールが出来上がったことを考えると、どんなバックグラウンドを持った人か(又は会社)によって、意識しなくてもツールの特徴が出てしまうということだと思います。逆に無いものを意識して作ってもダメなんでしょうか。そう考えると他社ツールのバックグラウンドが非常に気になります。

話が逸れてしまいましたが、今回のミーティングでは70以上の新機能(又は機能拡張)
の中から議論に議論を重ね、いくつか実装検討することになりました。

・アシストコンバージョン分析機能
・多言語対応
・サムネイル抽出の対象ファイル拡張
・投稿文字数オーバー時の回避機能
・エラー検知の画面改修

検討段階なので仕様・実装時期は未確定ですが、
具体的な事が決まりましたら再度広報させていただきます。

残念ながら今回は見送りになった機能は

・ソーシャルシグナル分析機能
・ユーザトレース機能
・承認者拡張機能
・記事別コンバージョン分析機能

等、社内的にはかなり欲しい機能ではあるのですが、
直近のニーズが低いとのことで今回は見送ることになりました。

逆にお客様からのご要望が多いようであれば再度検討しますので、
当社までご連絡いただければ幸いです。