SNSの顧客対応がマーケティング効果を台無しにする

2015年09月16日

0916all「悪事千里を走る」と言いますが、ソーシャルメディアが普及した現代において千里(=約4,000km)は例え話ではなく、実際、世界中にネガティブな悪評が広がってしまう可能性があります。

ソーシャルメディアの活用がうまくいっている場合には、顧客一人一人との関係構築や情報拡散によるブランド認知の向上といった利点がありますが、一方で、顧客との関係が悪化した場合には、その顧客が抱いた不満が容易に拡散され、評判を一気に下げてしまう恐れがあるのです。

本文の続きはこちら