SNS配信機能について

2012年10月11日

Logitteのウェブサイトでも機能紹介ページがありますが、各機能の詳細をご紹介したいと思います。

今回は「SNS配信機能」についてです。

■SNS配信について
同じ内容を複数のSNSに投稿するツールは多いと思いますが、Logitterではtwitter、facebook、blog別に投稿内容を変更して一括投稿が可能です。

配信内容設定画面

各SNSには以下のような特徴があります。

・twitterは140文字の制限がある。
・facebookとtwitterでは投稿画像の適正サイズが違う。
・BLOGではテキストリンクが投稿できる。

同じ内容を複数のSNSに投稿する場合、文字数と画像サイズをtwitter又はfacebookに合わせるか、文字数が省略されるのを良しとするかという運用になるかと思いますが、これではせっかく投稿したコンテンツの効果が半減してしまいます。

多くのSNSツールが「同じ内容を複数のSNSに投稿する」インターフェイスになっていますが、LogitterではこのようなSNS配信を効率化する為、SNS別に投稿内容を変更して一括投稿できるようになっています。※「同じ内容を複数のSNSに投稿する」ことも可能です。

また、計測用の短縮URL以外にもテキストリンク(Blog用)の追加も可能です。

■配信先設定について
企業で運用されているSNSの場合、配信スケジュールが決まっているケースが多いと思います。記事ごとに配信先が異なる場合はその都度、配信先の設定が必要になりますが、前回と同様の場合、「前回と同じ配信先に送信する」にチェックすれば同じ条件で配信することができますので、効率的な投稿作業が可能です。

投稿先設定画面

■承認設定について
デフォルトで承認あり/なしを設定することも可能ですが、記事別に承認設定することも可能です。こちらは企業のSNS運用方針によって設定は異なると思いますが、様々なケースに対応することが可能です。

配信時間&承認設定画面

以上、「SNS配信機能」ついてご紹介させていただきました。