YouTube以外のメディアが台頭!勢いを増す動画広告市場

2015年07月02日

0702img自作の動画をYouTubeに公開して広告収入を得る「YouTuber(ユーチューバー)」と呼ばれる人たちの出現が示すように、動画広告への注目が高まっています。動画視聴が消費者生活の一部となると共に、企業にとっても動画広告は認知度を高めるための主要なチャネルの一つになりました。

テレビコマーシャルではリーチしづらい層、特に若年層に対しての訴求を強化する目的で、動画広告が使われるケースが増えていると言います。

本文の続きはこちら