NEWS

「リプライマーケティング」を使ってユーザーとの距離を縮めよう

あからさまなAIなどによる自動返信だと、なかなか次のアクションまでつながりにくいもの。そこで今回は、ニーズに応じてやりとりを行う「リプライマーケティング」という手法についてお伝えします。

button

新刊のご案内

弊社出版実績





最近の記事

PAGE TOP