BLOG

「残念なコンテンツ」はこうやって誕生する

0217電車の車内広告やネットのディスプレイ広告など、日頃からよく目にする広告コンテンツ。例えば、優れたコピーの広告は消費者の心に刺さりやすく、コンテンツとしての訴求力も高いです。しかし、中には一体何をアピールしたいのかわからない、残念なコンテンツも多く存在します。
今回は、そんな残念なコンテンツになってしまわないように、3つの例をご紹介します。
[button text=”本文の続きはこちら” link=”http://thisplay.jp/%E3%80%8C%E6%AE%8B%E5%BF%B5%E3%81%AA%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%84%E3%80%8D%E3%81%AF%E3%81%93%E3%81%86%E3%82%84%E3%81%A3%E3%81%A6%E8%AA%95%E7%94%9F%E3%81%99%E3%82%8B/” style=”primary” size=”normal” target=”_blank” display=”inline”]

PAGE TOP