NEWS

【事例紹介】TikTokの特徴を最大限に活かして運用している企業3選

どんなに良いコンテンツを作成していても、TikTokの特徴を掴んでいなければ注目されることはありません。今回はTikTokの特徴を最大限に活かして運用している企業3選についてご紹介します。

▼デリッシュキッチン

料理レシピ動画を配信するサービスデリッシュキッチンは、レシピ動画やサービスの認知拡大のため、TikTokを活用しています。そもそもが動画配信サービスということもあり、TikTokとの相性が良いことが特徴です。「料理のレシピ」という、一般のユーザーが生活の中で頻繁に欲している情報ゆえ、デリッシュキッチンは動画の更新頻度が高いコンテンツになります。そのため、新しいコンテンツを期待するユーザーがファンになりやすく、アカウントに再訪するユーザーも多いと考えられます。また、プロフィールページにアプリダウンロード用のリンクがあるため、気になった方がスムーズにアプリダウンロードに遷移できるようになっています。

@delishkitchen

▼ローソン

コンビニエンスストアであるローソンでは、人気商品の「Lチキ」を用いたイベントをTikTokで開催しました。イベント名は「#いつでもLチキチャレンジ」というハッシュタグで、ローソンが提供したLチキの音楽に合わせたダンスが話題となりました。TikTokの特徴として、ユーザーが簡単に利用できる音楽での簡単に踊れるダンス等のコンテンツが多い点が挙げられます。こちらのイベント内でもローソンが提供したLチキの音楽と手でLの形を作って踊るダンスを提示することで、ユーザーが気軽に参加しやすいイベントとなりました。このようなイベントのように、企業のオリジナル性を用いながら、ユーザーが簡単に参加できるようなキャンペーンを実施することで認知度を上げる方法もあります。

@akiko_lawson

▼ドミノピザ

ドミノピザでは、公式アカウントを開設すると同時に、人気のインフルエンサーを起用したことで注目を浴びました。インフルエンサーに商品やサービスをPRしてもらうことによって、ユーザーにとって親近感のあるコンテンツとなっています。どうしても企業が作る動画は宣伝色が強くなってしまうのが問題点ですが、インフルエンサーの動画スタイルをベースにいつも通りの動画にPR情報を入れてもらうことで、ユーザーに普段の動画を見る感覚でPR動画を目にすることに成功した事例になります。

@dominos_jp

弊社出版実績







PAGE TOP