NEWS

【炎上対策必須】Tiktokを運用する際に必ず気を付けるべきこと4選

数あるSNSの中でも、Tiktokはより炎上スピードが早いと言われています。しかしそれだけ、バズれば一気に認知拡大に繋がるとも言えます。
その分、事前に炎上対策は必須だと言われています、今回は、Tiktokを運用する際に必ず気を付けるべきこと4選についてご紹介します。

①社内でのマニュアルを作成する

社内でマニュアルを作成することが重要です。例えば、TikTok動画を投稿する前は必ず2人以上のスタッフでダブルチェックをしたり、個人がTikTokのコンテンツを作成し投稿する際のチェック項目を作ったりして、全員が共通で確認できるようなガイドラインを設けましょう。社内の従業員1人の独断でTikTokを投稿し炎上してしまったら取り返しがつかないため、TikTok運用のルールを事前に作って共有することが大切です。

②政治や宗教などに関する投稿を控える

政治や宗教に関する投稿はできるだけ控えるようにしましょう。インターネット上では日々デマなどが多く発信されており、信憑性があるのかどうか怪しいコンテンツも存在します。全世界に発信できるSNSだからこそ、全てのユーザーが同じ思想を持っているわけではないことを理解し、物議を醸すようなジャンルの投稿を控えることで炎上を避けることは重要です。

③誹謗中傷を行っているアカウントを通報する

誹謗中傷を行っているアカウントを通報することは重要です。TikTokでは悪質なコメントを書いているユーザーを運営に報告することが出来ます。迷惑行為をおこなっているユーザーを報告する際は、まず相手ユーザーのプロフィール画面に移動しましょう。そして、プロフィール画面の右上にある3つの点を押し、左下の「報告する」の項目をタップすればTikTok運営に悪質ユーザーを通報することが可能です。

④個人情報の保護を徹底する

社内のスタッフだけが持っている情報を個人アカウントでうっかり投稿したり他人に共有したりしてしまうと、会社の機密情報が流出してしまう恐れがあります。SNSを利用する際は、プライベートと仕事用で携帯端末を分けたり、企業情報は外部に漏らさないよう対策を徹底することが必要です。

弊社出版実績







PAGE TOP