NEWS

【3事例あり】Instagramストーリーズ&ハイライトの効果的な使い方とは?

すっかり定着してきたInstagramストーリーズですが、まだまだ完璧には使いこなせていないという公式アカウントの担当の方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回はInstagramストーリーズ&ハイライトの効果的な使い方についてご紹介します。

Instagramストーリーズとハイライトを合わせて使えば、企業としてまとまった情報を提供したり、商品ジャンルごとのハイライトを作ったりできます。では早速実際の企業の事例についてご紹介していきます。

【事例その1】じゃらん

まずは日本の旅先を紹介している「じゃらん」のアカウントです。ストーリーでは特定のハッシュタグをつけて投稿されたユーザー投稿をリグラムのように紹介しており、UGCを活用した運用になっています。ハイライトでは、ユーザー投稿を紹介したハイライトをテーマごとにまとめています。

じゃらん〈公式〉

【事例その2】ロフト

次に文房具からコスメ、キャラクター雑貨やインテリアなどを幅広く取り扱う「ロフト」のアカウント。ストーリーに登場する商品もバラエティに富んでいます。ハイライトでは「Stationery」「Lifestyle」「Beauty」の3ジャンルの投稿をそれぞれまとめています。このように、ジャンル別に商品紹介をまとめるのは、ユーザーとしても自分が欲しい情報・商品を見つけやすく、効果的です。投稿の内容としても、インスタ映えも意識したクリエイティブになっています。

ロフト公式アカウント

【事例その3】肌ラブ

最後は美容情報Webサイト「肌らぶ」のアカウントです。いくつかハイライトを作成しているのですが、その中から抜粋してご紹介します。まずユーザーからの質問に回答する「Q&A」では、事前に「質問を受け付けるスタンプ」を使った投稿で質問を集め、それに回答した際のストーリーをまとめています。回答をハイライトに残しておくことで、あとから同じ疑問を持ったユーザーが確認しやすいようにしています。「LUNASOL」では、新作商品やシーズンの新作をまとめて閲覧できるようハイライトにまとめています。Instagramのフォロワーが少ない、もしくはまだしっかりと運用をしていない場合には、キャンペーンを打つ前などにこのような情報を購入サイトへのリンクスタンプを入れながらまとめておくと、集客できた際に効果的になります。

肌らぶ【公式】

PAGE TOP