NEWS

【5事例あり】人気の企業YouTubeアカウントは何が違う?コツを徹底解剖!

人気の企業アカウントは、必ずやっている工夫やコツがあります。今回は、事例に沿ってそのコツについて徹底解剖していきます。

① 共立食品株式会社

手作りお菓子&パン材料、ナッツ&ライフルーツの輸入・加工・製造を一貫して行う共立食品株式会社の公式YouTubeチャンネルで、手作りお菓子の作り方を動画で発信しています。お菓子の写真を全面に使ったサムネイル画像とシンプルで分かりやすいレシピ解説動画が特徴です。どれも1分程度の動画のため、視聴者は気軽な気持ちで視聴することができます。

②キングジム株式会社

「テプラ」などの電子文具を核とした、情報整理用品のメーカー「キングジム株式会社」の公式YouTubeチャンネルで、新商品の紹介や商品の使い方を発信しています。2分以内の短い動画が多く、シンプルで分かりやすい動画構成が特徴的です。 サムネイルとタイトルを違う文章にしたり、サムネイル内の文字の大きさにメリハリをつけたりする工夫がされており、動画の再生をしたくなるよう作成されています。

③株式会社ダブルジェイシー

大阪市浪速区で不動産業をしている株式会社ダブルジェイシーの公式YouTubeチャンネルで、マンションの内見動画などを発信しています。丁寧なカメラワークとオリジナルキャラクターを活用した視聴者を飽きさせない動画作りが特徴です。 動画の説明欄に記載されているリンクから物件の空室情報にアクセスすることができます。

④有限会社佐藤葬祭

葬祭業をしている有限会社佐藤葬祭の公式YouTubeチャンネルで、葬儀に関する豆知識や葬儀業界の裏情報を配信しています。代表の佐藤さんご自身がYouTuberとなり情報発信をしています。 動画を種類ごとに再生リストで分けることで、ユーザーの関連動画に自社のチャンネルの動画が表示されやすくなる工夫をしています。

⑤株式会社講談社

株式会社講談社の美容メディアVOCEの公式YouTubeチャンネルで、ヘアメイクやスキンケアなど美容に関する様々な情報を配信しています。統一感のあるサムネイルとタイムスタンプを積極的に活用している点が特徴です。 タイムスタンプとは、視聴者が動画の好きなタイミングにスキップできる機能で、長い動画でも飽きられずに見てもらいやすくなるおすすめの機能です。

PAGE TOP