NEWS

インフルエンサーマーケティングを強化するChatGPTの活用

インフルエンサーキャンペーン戦略の立案を支援する

ChatGPTはわずか数行の入力文だけで、様々な洞察を与えてくれるアシスタントのような存在です。インフルエンサーマーケティングにおいても、作業を効率化し、成果を最大化するのに役立つことが期待されています。ZeroTo1社の創業者Riley Croninがインフルエンサーマーケティングを強化するChatGPTの活用方法について解説しました。
ChatGPTを使えば、キャンペーンのアイデアを作成するのも容易になります。デジタルノマド向けサービスを宣伝する企業を例にとれば「デジタルノマド向けサービスのインフルエンサーマーケティングキャンペーン戦略を作成してください。目標はトラフィック、リード、コンバージョンの増加です。戦略には投稿スケジュール、予算、フック、スクリプトを含めてください。」といった指示を送ります。キャンペーンを実行する手順を返答してくれるでしょう。

ソーシャルメディアで多くのフォロワーを抱えるインフルエンサーを検索する

インフルエンサーの検索は時間・労力を要しますが、工夫次第でChatGPTも役立ちます。「旅行関係者をターゲットに、50万人以上のフォロワーを有する海外インフルエンサーを10人挙げてください。代表例は@theblondeabroad です。」といった入力をすると「@muradosmann (440万フォロワー)」「@doyoutravel (280万フォロワー)」などの例が得られます。さらに、フォロワー数や訴求する層を変えれば、異なるインフルエンサーが一覧化されます。

インフルエンサーへリーチするための文面を作成する

インフルエンサーにリーチする際の文言を考えるのも簡単ではありませんが、ChatGPTは指示に従って説得力のあるメールを下書きしてくれます。「インフルエンサーキャンペーンに招待するためのメールを書いてください。キャンペーンが成功したら、企業と長期的に関係を築く機会になる点を強調しながら、パーソナルな印象を与えてください。」返されたサンプルメール文に、自社の名称や製品名を書き加えれば、すぐに送信準備完了です。

まとめ

ChatGPTは使い方次第でインフルエンサーマーケティングの大きな助けとなります。作業を効率化し、より高い成果を得られるよう、積極的に試してみましょう。


参考資料
https://www.linkedin.com/pulse/3-game-changing-ways-chatgpt-can-supercharge-your-marketing-cronin/
著者:Takayuki Sato

弊社出版実績







PAGE TOP