NEWS

オンラインアシスタントへ委託するべきSNS運営業務

コンテンツ制作およびコピーライティング

ソーシャルメディアは、マーケティング業務の根幹を成すチャネルでありながら、その作業は実に時間を要するものであり、その工数の多さに悩みを抱える組織も多く見受けられます。オンラインアシスタントの中にはソーシャルメディアの運用サービスを提供しているものもあり、投資対効果の高いアウトソーシング手法になることが期待されます。Virtual Gurus社がオンラインアシスタントへ委託するべきSNS運営業務について解説しました。
コンテンツ制作はSNS運営で最も時間のかかる作業の一つです。一週間のうちに何度も投稿する場合、そのアイデアが枯渇したように感じるかもしれません。コピーライティングに長けたアシスタントに委託すれば、業界や見込み顧客に合わせて最適なメッセージが届けられるようになります。

グラフィックデザインからユーザーの行動分析まで

ソーシャルメディアでは視覚的に訴求できるようグラフィックデザインや動画編集のスキルが必要です。これらの作業もアシスタントへ委託可能であり、優れたデザインはSNSのエンゲージメントを高めてくれます。自社のブランド戦略を適切に伝えれば、アシスタントが大きな助けとなるでしょう。
ソーシャルメディアの分析も、該当スキルを有したアシスタントへ依頼できます。どの投稿が誰に届いたのか、ハッシュタグやキーワードごとのパフォーマンスどうか、といった内容をレポートにまとめることも可能です。分析から得られた洞察に基づいて、どのコンテンツを、いつ投稿するかといったカレンダーを制作するのも、依頼主にとっては大きな時間の短縮となります。

コミュニティマネージャーとしてフォロワーと交流

コミュニティマネージャーとしての役割を担えるアシスタントも見受けられます。ソーシャルメディアに寄せられたフォロワーからのコメントに返信したり、興味深い投稿をシェアしたりして、フォロワーとのエンゲージメントを高めるのに貢献します。

まとめ

自社が抱くビジョンや戦略を、オンラインアシスタントに実行してもらうのがアウトソーシングの狙いです。専門性の高いアシスタントを見つければ、ソーシャルメディアのフォロワー獲得やエンゲージメント向上を実現し、支払ったコストよりも大きな成果が得られることが期待されます。

参考資料
https://thevirtualgurus.com/blog/5-social-media-tasks-you-should-outsource-to-a-virtual-assistant
著者:Takayuki Sato

弊社出版実績







PAGE TOP