NEWS

プレロール広告のエンゲージメントを高めるには

YouTubeやFacebookで動画再生前に表示されるプレロール広告

プレロール広告はYouTubeやFacebookでよく使われています。ユーザーがある動画を再生する前に、短い尺の動画広告が表示される手法です。プレロール広告では、15~20秒間表示されてスキップができないものと、5秒経過した後はユーザーが任意でスキップできるフォーマットが利用可能です。動画の最中に表示する広告に比べ、プレロール広告はユーザーの視聴体験を邪魔しないのがメリットと言えます。
しかし、短時間でユーザーの興味をひけなければ、スキップボタンを押して広告が止められてしまうか、強制的に表示しても注意深く視聴してもらえないという課題があります。Adjust社がプレロール広告の効果を高める方法について解説しています。

スキップボタンが押されないよう、動画のはじめで注意をひく

65%の米国ユーザーはプレロール広告の「スキップ」ボタンが表示された瞬間にクリックするのが習慣になっているという調査があります。最初の5秒以内で注意をひけるよう、重要な情報を動画広告のはじめに示すよう構成しなければなりません。また、刺激的な映像を使えば、スキップされる確率を下げる、あるいは、スキップされたとしても記憶に残ることが期待されます。特に、視聴者を笑顔にするような、感情に訴えるコンテンツは高い効果が得られるでしょう。

行動ターゲティングにより購入意欲の高いユーザーに広告を表示する

プレロール広告は、ユーザーの過去の行動に基づいてターゲティングして出稿することが可能です。視聴者が商品・サービスにより強い関心を抱いていれば、プレロール広告がスキップされず、長い時間閲覧してもらえるようになります。
テレビCMで成功した動画でも、プレロール広告で成果が得られるとは限りません。静止画やスライドショーを広告にするだけでは間違いなくスキップされてしまいます。また、商品やサービスを売り込むものよりも、プレロール広告では控えめな表現が好まれる傾向にあります。

まとめ

最近のインターネットユーザーは膨大なコンテンツに触れており、関心のない広告には注意を払いません。ミレニアル世代は12秒、Z世代は8秒しか注意が続かないという調査があるほどです。このような傾向を考慮して、プレロール広告を価値あるものにするよう、マーケティング施策を検討する必要があります。


参考資料
https://www.adjust.com/blog/pre-roll-video-advertising-explained/
著者:Takayuki Sato

PAGE TOP