NEWS

メタバースに好意的な姿勢をみせたYouTube側の、抑えておきたい今後の動きとは?

「メタバースに触れずにイノベーションについて語ることはできない」と公言したYouTube側。今回は抑えておきたい今後の動きについてご紹介します。

YouTubeは、メタバースへの参入について検討していることを日本版公式ブログで明かしました。「将来を語る上でメタバースに触れないわけにはいかない」とした上で「より没入感の高い視聴体験をどうすれば提供できるかを考えている」と述べており、かなり温度感高めの発言であると言えます。また今後のステップとしては、「まず、ゲームにこれを適用しようと考えている」「ゲームにもっとインタラクションを持たせ、よりリアルな体感を導入することを目指す」という考えを述べました。

2022年内にリリースする予定の新サービスとしては、複数のクリエイターがライブ配信でコラボレーションできる機能や、クリエイターが自分のチャンネルにガイドラインを設定できる機能などの導入を検討していることについて明らかにしています。

今後YouTube社が仮想現実のプラットフォームを構築し、そこで動画の撮影や編集を行えてしまうようなサービスが生まれてくる可能性もあります。現在MetaとMicrosoftが、他社を引き離すメタアース領域でのサービス展開をしているのに加え、Appleも参入を検討しているとのことです。これにより、来年度以降のメタバース市場の拡大は、想像を超える規模となっていくことも考えられます。

具体的なプロダクトや機能開発についての言及はないため、YouTubeが今後メタバースやNFT、ブロックチェーンをどのように盛り込んでいくのかは不明ながら、YouTubeはこれらを新しい技術としてポジティブに受け止め、その活用法を模索する姿勢が示されたといえます。

今後各方面で一斉にはじまるメタバースに関連する事業に備え、今後の各社の動きをしっかりとキャッチアップし、すぐに対応できるようにしておくことをおすすめします。

PAGE TOP