NEWS

ライブ配信の視聴者数を劇的に増やす方法

ライブ配信についてソーシャルメディア等を通して事前に告知する

動画の視聴が増加した現代では、ライブ配信に注目する企業が増えています。ライブ配信を実施する企業に共通する目的は、ターゲットとする層にリーチする点です。初めから数千人の視聴者が獲得できれば望ましいですが、実際には、それを実現するための戦略を練った地道な取り組みが求められます。ライブ配信の視聴者数を増やす方法について、dacast社が解説しています。
ライブ配信を始める前に、ユーザーの期待を高める施策が必要です。映画の予告編のように、ライブの内容を短くまとめたものをソーシャルメディアや他のチャネルで拡散します。また、興味を引くタイトルと概要文で事前登録者の数を確保するよう努めます。さらに、登録者には値引くクーポンなどの特典を提示し、ライブ配信に参加する動機を高める方法も効果的です。

YouTubeのSEO対策やGoogle Adsの広告を活用し、新規ユーザーにリーチする

YouTubeでライブ配信を開始すると、フォロワーのフィード画面に通知が表示されるので、参加を促す効果があります。コメントを書き込むなど、エンゲージメントを獲得する機会となるのに加え、注目されたライブは、さらなるユーザーを呼び込む効果が期待されます。YouTubeでは検索から流入するユーザーも多いため、YouTubeのSEOについて研究するのも良いでしょう。あるいは、Google Adsを介して自社のYouTubeチャンネルに関する広告を出稿して、フォロワーを増加させるのも有効です。
Facebookライブは既存のフォロワーに対して配信するツールなので、新規顧客を獲得するよりは、既存顧客に情報提供を行って、購買意欲を高めるよう促すのが目的となります。Q&Aセッションなどの双方向的なイベントの開催が有効です。Facebookでも有料広告を出稿して、ライブ配信についてプロモーションすることができます。

配信ソフトウェアや録画機材に投資し、映像の品質を高める

ライブの品質を高めるため、機材に投資するのも良い考えです。スマートフォンで配信するのも可能ですが、本格的なカメラやマイクを用いると、ユーザー体験の向上につながります。YouTubeのような無料の配信プラットフォームだけでなく、有料のソフトウェアを導入し、遅延の少ない高品質なライブ配信を実施する方法もあります。最後に、配信時には高速なインターネット回線を用意し、ライブに必要な手順を事前にテストしておくことが推奨されます。

まとめ

ライブ配信の視聴者数を増やすには、コンテンツの品質を高めるのはもちろん、事前のプロモーションやSEOといった施策を実施する必要があります。事前の戦略を十分に練っておけば、ライブ配信を介してターゲットとなる層にリーチし、ビジネス上の成果へとつながっていくでしょう。


参考資料
https://www.dacast.com/blog/increase-viewership-live-streams/
著者:Takayuki Sato

PAGE TOP