NEWS

中国の化粧品市場を拡大させる要素

ライブコマースや短尺動画の活用が、化粧品市場の拡大に寄与

中国の化粧品市場は、多国籍企業の代替品としての存在から、ユニークな国産ブランドへと変化してきています。中国の各企業はブランド認知を高め、差別化を図ることで、化粧品市場を拡大させ、市場シェアの獲得を目指してきました。Mintel社が中国の化粧品市場について解説しています。
Eコマースプラットフォームの急激な普及は、中国の化粧品市場を拡大させるのに大きく寄与しました。中でも、ライブコマースや短尺動画の活用が特徴的です。中国企業は、KOL(キーオピニオンリーダー)と協業して、市場のニーズへ敏感に反応し、顧客が求める商品を作るよう努めています。

巧みなブランド戦略により国内化粧品ブランドが成長

若い世代の消費者はパーソナライズされた商品を好む傾向にあると言われます。また、年長の世代に比べると新しいブランドを試す意欲が高いとされています。これらの傾向を理解している中国企業は、パーソナライズされたブランドイメージを構築するようになりました。そして、自国の文化に根差したキャンペーンにより国内ブランドを選択するよう促しています。
多くの中国企業は、人気のある配色や素材を活用したヒット商品を作る戦略を追求しています。人気商品があれば、ソーシャルメディアで拡散され、消費者の間で話題になるからです。一方で、購入しやすい手頃な化粧品も、新しいものを試したい消費者へ訴求するのに有効です。

研究開発に基づいた高品質な化粧品による競争優位の獲得

中国企業は、誇大広告に近いマーケティング施策には頼らず、製品の品質で勝負するようになりました。研究開発に力を入れている企業も多く、科学技術に立脚して競争優位を獲得しようとしています。例えば、Marubi社はタンパク質に関する特許を取得し、化粧品開発に活用しています。

まとめ

中国の化粧品市場は、大企業が大きな存在感を持っていますが、その市場が拡大する中では、ニッチな分野に強みを持つ新興企業にもチャンスが広がっています。消費者のニーズに対応し、健康に関するトレンドを把握していけば、消費者から人気を得られるかもしれません。

参考資料

3 elements to boost China’s domestic cosmetics market development


著者:Takayuki Sato

弊社出版実績







PAGE TOP