NEWS

今こそ企業がYouTubeライブを行うべきメリット3点!

現在生配信のツールは多岐に渡りますが、今こそ企業がYouTubeライブを行うべきメリット3点をご紹介します。

視聴者とコミュニケーションができる

ライブ配信は基本的にコメント機能が付いており、視聴者の感想や意見をリアルタイムで見ることができます。視聴者側もその場でコメントに対応してもらえるため、対面しているかのような距離感でコミュニケーションを取ることができます。配信者と視聴者の距離が近づくことで、視聴者はその商品やサービス、企業そのものに親しみをもちやすくなるのです。ユーザーのリアクションをダイレクトに受けられるというのは他のサービスにはないことで、これこそライブ配信の一番の魅力と言えるでしょう。

商品・サービスの信用性が高まる

ライブ配信には編集がなくリアルタイムで行うため、良くも悪くも修正ややり直しがききません。しかし視聴者側にとっては、編集がないことによって「良い面のみを切り取って紹介しているのではないか」「実際に使った際に機能性は十分なのか」と心配する必要がありません。また何か質問があればその場でできるため、心配や疑問が浮かんできた際には、質問に応じて目の前で検証してもらうことも可能です。このように、通常の編集済みの動画よりも包み隠さずありのまま伝えることができるため、視聴者はその商品やサービスに対して信用性が高まります。

誰でもすぐに始めることができる

通常の動画であれば、編集作業などに何時間もかけなければいけませんが、ライブ配信は動画編集の知識がない人でも、配信のボタンを押すだけで「生放送」を始めることができます。Youtubeは今やその名を知らない人はいないといえるほどの有名な動画配信サービスです。そのため見てもらえる確率も高く、人を集めやすいのが1番のメリットです。また、ライブを視聴するためにアカウント作成をしてもらったり、アプリをダウンロードしてもらう必要がないため、参加までの手軽さも視聴者にとってメリットになります。

PAGE TOP