NEWS

企業がインスタライブ配信を効果的に行うコツとは?

企業がビジネス目的でライブ配信を行う場合は、ポイントをおさえた上で配信すると、集客・販促に効果的です。ぜひ効果を意識しながら配信しましょう。
今回は、インスタライブ を配信を効果的に行うコツについてご紹介します。

①事前の告知を行う

「●/●(●)からインスタライブをやります」という事前告知を何度かに分けて行いましょう。こまめなリマインドにより視聴者数が増えやすくなります。

②視聴者からの質問や要望には一つ一つ答える

ライブ配信中に寄せられる視聴者からの質問・要望にできるだけ誠実に答えることで、運営側のファンになってもらえる可能性が高まります。インスタライブは、エンドユーザーと直接的に交流できる貴重なタイミングです。言い換えれば、生のユーザーの声を聞くことができる場であるとも言えます。製品・サービス改善や新商品の企画につながるアイディアが生まれる可能性もありますので、ぜひ活用しましょう。

③業種にあった配信内容を考える

インスタライブには様々な活用方法がありますが、どの様な配信スタイルが良いかは業種によって異なります。例えば不動産関係であれば、モデルハウスが完成した際に営業担当が現地でレポートをし、遠方のユーザーからの資料請求等を狙うなどの方法があります。飲食店であれば、イベントを生配信しながら「飛び込み参加OK!!」と打ち出して来店客数や売上アップに繋げることができます。自社にとってどんな配信内容が最適か?をしっかり考えて配信をしてみましょう。

④配信後は振り返りをする

ライブ配信後は「どれ程の反響があったか」を分析することが重要です。インスタライブ配信中には「視聴者数」が表示されます。また、配信終了時には終了画面に「累計の視聴者数」も表示されるため、スクリーンショットなどを撮り随時確認をして、反応がよかったものを分析し、次のライブを実施する際にはその振り返りを活かすようにしましょう。

また、インスタグラムを「ビジネスアカウント」に変更すると、ウェブサイトへの遷移数などのデータもわかるようになります。宣伝効果の分析にとても役立つので、個人アカウントから切り替えて運用してみましょう。

PAGE TOP