NEWS

企業がインスタグラム運用をする際に抑えるべき3つのポイントとは?

企業がInstagramを運用する際には見切り発車ではじめず、必ず準備が必要です。今回は企業がInstagram運用をする際に抑えるべき3つのポイントについてご紹介します。

【1】ターゲットの選定

Instagram運用ではターゲットの選定が不可欠です。Instagramのユーザー属性を踏まえたうえでターゲットを決めると、より効果的な訴求ができるようになります。Instagramにおいて、自社の商材にぴったりなユーザー層はどこかをしっかり考えたうえでターゲットを決め、その後訴求したい人物像をより詳細に落とし込み、ペルソナ設定するとよいかと思います。

【2】ハッシュタグを有効に活用する

Instagramを存分に活用するうえで、ハッシュタグは欠かせません。Instagramユーザーの多くは、このハッシュタグを使用して検索をします。そのためハッシュタグの使い方によっては、ユーザーをうまく自社のアカウントに誘導することができます。また、Instagramにはハッシュタグキャンペーンという認知度アップやブランディングに効果的な施策があります。ハッシュタグを使いこなせるようになれば、こうした施策を有効に活用できるようになるためおすすめです。

【3】社内の運用体制を整える

数字などの何かしらの成果や効果を出すことを目的としている場合には、運用の体制はとても大切になってきます。Instagramで結果を出していくためには、ターゲットに向けて価値がある情報を提供していくことが不可欠ですが、1人の担当者があれもこれも全部をおこなっていては、運用にかかわる作業をきちんとこなしていくことは難しくなります。そのため本気でInstagramを活用するときは、なるべく社内の運用体制を整える必要があります。もちろん闇雲に人を多くすればいいというわけではありませんが、なるべくプロフィール文の作成、コンテンツの撮影、投稿文の作成、キャンペーンの企画立案などにある程度時間と脳を割ける人を用意することが大事です。

PAGE TOP