NEWS

企業がYouTubeで収益化する方法3選

すぐに結果に収益に繋がらなかったとしても、せっかく続けるのであればいつかは収益化したいですよね。今回は企業がYouTubeで収益化する方法についてご説明します。

【1】チャンネル登録者数を増やし、広告収益を得る

いわゆる企業版YouTuberとしての稼ぎ方になります。登録者数を増やし、多くのアクセスを得ることで広告収益を得ます。ただしこれに関してはよほどの入れ込み方をしない限りすぐに成果がでるものではなく、このパターンで収益を上げる場合にはしっかりと事業戦略を立てて取り組まなければ、成果はでないと言っても過言ではないでしょう。そしてこの方法で収益を得るためには、YouTubeの広告掲載基準をクリアする必要があります。

【2】動画広告をYouTubeに出向し、販売につなげる

広告用に動画を作成し、コンテンツとしてYouTubeに出稿して集客する方法です。この場合はターゲットや出稿目的を明確にすることが重要になります。例えば見た人に購入や利用を促したいのか、集客につなげたいのかによって動画の内容は変わってきます。YouTube広告ではターゲットをかなり絞り込めるため、説明動画なら対象視聴者に合わせたより具体的なものにすれば効果は高まります。

【3】自社サービスの動画で集客し見込み客を獲得する

企業がYouTubeで収益化を目指す場合の一般的なパターンになります。この方法の場合には、いかに製品やサービスの魅力を動画内で伝えられるかが重要になります。ここで気をつけたいのは、宣伝色を前面に出しすぎるのはよくありません。CMの感覚で動画作成すると失敗すると言っていいでしょう。コツとしては、あくまでユーザーに対し、有益な情報を提供する前提で内容を決めましょう。すぐに成果はでなかったとしても、継続的にアップロードを続けていれば、チャンネルに興味を持ってもらえる可能性は大きく高まります。

PAGE TOP