NEWS

反復投稿を侮るべからず。Facebookでは、同じネタを様々な切り口で何度も投稿しよう。

Facebookの投稿スケジュールにて、配信側としては同じような内容は極力避けたいと思うところ。でも実際のユーザータイムラインでは、ファンだとしても接触する情報としない情報があります。反復投稿の良さをご紹介します。

button

新刊のご案内

弊社出版実績





最近の記事

PAGE TOP