NEWS

必ずやった方がいいYoutubeライブの宣伝方法とは?

Youtubeライブを実施する際には、見てもらうために必ず宣伝が必要になります。今回は必ずやった方がいいYoutubeライブの宣伝方法についてご説明します。
今回は、3つのタイミングに分けてご紹介します。

Youtubeライブ実施前

・イベントを宣伝するチャンネル紹介動画やティーザー動画を作成します。
・ライブの開始48 時間前までにストリーミングのリンクを公開します。
・チャンネルを自分のSNSアカウントに接続し、簡単に共有できるようにします。
・ウェブサイトにURLを埋め込み、自分のコンテンツに関心を寄せてくれているブログ等でリンクを事前に共有します。
・ライブセクションを作成し、チャンネルで近日中に開催するイベントやライブイベントを表示します。
・関連ウェブサイトを追加します。そうすることにより、検索結果の質の向上と、YouTube上のチャンネルがブランドを正式に代表するものであること示し、信用度が上がります。
・チャンネルと動画の最適化を行います。

Youtubeライブ実施中

・イベントの配信中にハイライト動画を作成します。そうすることで、チャンネル登録者のトップページ フィードでチャンネル登録者に公開イベントが通知されます。チャンネル登録者には、「次のおすすめ」 エリアにライブ配信が表示されるようになります。
・バナー画像を更新し、イベント名や日時を含めましょう。

Youtubeライブ実施後

・ライブイベントのアーカイブをライブイベント終了後すぐに投稿します。
・アーカイブとハイライト動画を再生リストにまとめます。

これらはYoutube公式もおすすめしている宣伝方法になります。Youtubeライブを実施している最中はやることも多く必死かもしれませんが、最中はもちろんのこと、ライブ前・後でも必ずやった方がいいことが沢山あります。一つ一つは細かく地味かもしれませんが、必ず数字に繋がりますのでぜひ試してみてください。

PAGE TOP