NEWS

生成系AIで作成した画像をSNSに利用するメリットとデメリット

AI画像生成ツールがソーシャルメディア戦略に組み込まれるようになった

AIで作成した画像:出典Born social
ソーシャルメディア戦略を成功に導くのに最新のトレンドや技術を活用するのは重要です。近年最も話題を集めているものとしてはAIによる画像生成ツールが挙げられます。マーケティング企業であるBorn social社は実際に、画像生成ツールで作成した画像をオンラインマーケティングへ組み込むようになりました。

一方で、このようなツールを利用する上で注意するべき点もあります。Born social社が生成系Aiを扱うメリットとデメリットを解説しました。

工数・予算を軽減しながら、ユーザーに訴求しやすい画像が作成できる

生成系AIは、機械学習技術を用いて視覚的に優れた画像を作成できるのが利点です。ソーシャルメディアの投稿や広告、あるいはインフォグラフィックの素材にも活用できます。AIは継続的に学習を続けているので、ユーザーから評判の高い表現や、特定のターゲットに訴求しやすい画像へ最適化していくことが期待されます。競合企業に負けない競争力を保ちながらも、ソーシャルメディア担当者の工数や予算の軽減に貢献します。

一貫性のないSNS投稿ではブランドイメージを確立できない

AI画像生成ツールをソーシャルメディア戦略に用いるデメリットとしては、ブランドとの整合性を取りにくい点が考えられます。これまでのブランドイメージとは異なる画像が出力された場合でも、それに関してAIへ細かい指示をするのは限界があるのです。そのため、見栄えの変化が顧客を困惑させ、品質に対する疑問が生じるリスクがあります。また、生成系AIは似たような画像を出力する可能性があるので、ユニークさが欠けるように思われるケースもあるかもしれません。

まとめ

生成系AIはマーケティング担当者の負担や予算を軽減するツールとして高い期待を集めています。デメリットがある点も十分に理解した上で、画像を作成するための手段の1つとして効果的に活用していくようにしましょう。

弊社出版実績







PAGE TOP