NEWS

生成系AIを活用したFacebook/ Instagram広告の最適化

生成系AIはSNSにおける画像編集や広告コピーの作成に活用できる

ソーシャルメディアは多くの企業がマーケティング目的で使用しており、競合企業の中から顧客の興味をひくのは、年々、困難になっています。広告を掲載しても、パフォーマンスがすぐに低下し、期待通りの成果が得られない企業も多いかもしれません。そこで、広告運用に関する課題を解決するのに、文章や画像を自動で作成するAI技術が適用されるようになりました。Persado社がFacebookやInstagramの広告における生成系AIの活用について解説しています。
メタ社は生成系AIの開発を推進し、広告マネージャーなどに導入してきました。マーケティング担当者は背景画像の生成や、画像の拡張、複数バリエーションを持った文章の作成といった用途に利用可能です。広告作成に要する時間を短縮しながら、より効果の高い広告が出稿できるよう助けます。

生成系AIで複数の文言を作成しA/Bテストを実施する

複数バージョンの広告を作成し、最も効果のある画像や文言を選択するのは望ましいとされていますが、それらを人手で作成するのは工数がかかります。そこで生成系AIを用いて自動的に複数バージョンを作成すれば、A/Bテストを実施するのが容易になります。Persado社は、複数の業界にわたって生成系AIを用いたA/Bテストを実施したところ、人間の担当者が広告コピーを作成した場合と比べ、平均して40%高い効果が得られたと報告しています。

高度なパーソナライゼーションにより「広告疲れ」を防ぐ

オンライン広告では、同じ広告を繰り返し見せられたユーザーが徐々に広告に対する興味を失っていく「広告疲れ」という現象が指摘されています。そのため、ユーザーの興味に最適化したパーソナライゼーションが欠かせません。たとえ同じ商品を宣伝する場合でも、ユーザーに合わせた文言を用意する必要があります。例えば、クレジットカード会社の広告キャンペーンにおいて、貯めたポイントを旅行のマイルとして消費したい層と、ポイントのキャッシュバックを求める層を特定し、それぞれに異なる文言を提示しました。結果として、汎用的なメッセージに比べ、4~6割以上の高い成果が得られています。

まとめ

FacebookやInstagramは企業のマーケティングにおいて重要なプラットフォームであり、ビジネスの成長へ大きく影響する存在です。マーケティング担当者は、生成系AIを活用することで、広告疲れの問題や、広告効果の最適化といった課題を解決するよう求められています。


参考資料

Use Generative AI for Facebook and Instagram Ads to Combat Fatigue


著者:Takayuki Sato

弊社出版実績







PAGE TOP