NEWS

2021年における中国市場向けデジタルマーケティング

WeChat、Weibo、Baiduなどが高い市場シェアを誇る
多くの消費者がインターネットを介して商品の情報を得て、購入をしている今、デジタルマーケティングの重要性が増しています。特にコロナ禍にあっては、どの国においてもオンラインでの活動が欠かせません。中国でビジネスを行うには、主要なチャネルに注力する必要があり、WeChat、Weibo、Baidu、Alimama、Bytedanceが上位のオンライン広告プラットフォームとして知られるようになりました。また、中国では検索エンジン市場の65%をBaiduが占めています。これらの状況を踏まえ、デジタルマーケティング・コンサルタントのNeal Schafferが、中国市場におけるデジタルマーケティングの今について解説しています。

KOLと協業し、中国の伝統・文化を踏まえたメッセージを拡散する
中国のインターネットユーザーは、オンラインで目にしたものについてコメントを書き、シェアする傾向が強く、優れたコンテンツは容易に拡散されます。そのため、認知を高めたいブランドは、影響力が強いKOL(キー・オピニオンリーダー)との協業が有効です。例えば、フランスの高級ブランドであるジバンシィは、歌手のLi Yuchunと提携して、新たな価値観を訴求しました。インターネットユーザーからシンボル的な存在として認知された彼女は、360万人以上のフォロワーと2万以上のエンゲージメントを獲得しています。
海外のブランドにとっては、自国で使ったメッセージを、中国でそのまま用いるのはリスクがあります。伝統や文化は中国で重要な要素となるので、現地に適合させたメッセージを伝えるべきです。一方で、中国の消費者は、異なる文化に興味を示すので、それを活用したコミュニケーション戦略を立案します。例えば、スターバックスは、クリスマスを祝うメッセージについて、米国で使用したものと異なり、アメリカの文化を中国に伝える方向性でキャッチコピーを作成しています。

WeChatを介して、オフラインでの接触をオンラインの商品購入へつなげる
Eコマースは既に中国で大きな市場となっており、企業はオンラインの活動をオフラインと結びつけるO2O戦略に注目しています。一例として、シンガポールのベンチャー企業French Cellarが、ワインの定額配送サービスと、オフラインでのイベントを組み合わせて、既存顧客が新規顧客を呼び込む機会を作り出した取り組みが挙げられます。同社はワインの試飲会に訪れた参加者とWeChat上でつながった後、少しずつワインについて情報を提供し、ユーザーが新たな銘柄を見つけ、購入してくれるよう促しています。

まとめ
中国市場に参入するのにデジタルマーケティングは必須の施策です。特に、中国におけるインターネットユーザーがソーシャルメディアをどのように用いているのかを理解し、それを活用するようにしましょう。

参考資料
https://nealschaffer.com/enter-chinese-market-digital-marketing/
著者:Takayuki Sato

PAGE TOP