NEWS

Instagram広告の活用すべき機能について徹底解剖

昨年、企業が活用すべきInstagram広告の機能が発表されました。今回はその詳細について解説していきます。

【1】検索画面とプロフィールに広告表示できる

ユーザーが検索タブに最初にアクセスしたときに表示される一覧の画面にも、広告が表示されるようになりました。元々検索タブ内に広告表示はでていましたが、以前は検索タブの一覧から興味のある投稿をタップし、表示されるフィード内に広告が表示されるという仕組みでした。新機能では検索タブの一覧とフィードに広告が表示されるようになり、これによって新しいコンテンツを発見しようとしている新規ユーザーにリーチしやすくなりました。

【2】AR広告のリリース

ARを活用したAR広告がフィードとストーリーの両方でリリースされました。AR広告のような没入型の拡張現実広告体験を提供することで、企業やブランドはより印象深いアプローチをすることができ、幅広いユーザーにインパクトを与えることができます。

【3】リール広告の音源をライブラリから無料で選択できる

リール広告を出稿する際、カルーセル広告に追加できるサウンドコレクションライブラリから無料の高品質の曲を選択できたり、Instagramがコンテンツに基づいて広告に最適な音楽源を自動的に選択できるようになっています。以前は広告用の動画を用意する際に、動画作成時に既に音源を設定している必要があり、その場合は音源の著作権関係のチェックをしなくてはいけないなど、各工程を踏むのに時間がかかる部分がありました。現在は使用できる音源の幅も広がったことにより、企業もよりコンテンツに力を入れやすくなりました。

【4】AI を活用したマルチアドバタイザー広告のリリース

該当の広告を見たユーザーが商品を購入するような行動を示したとAIが判断した場合、他にも興味を持ちそうな企業の広告を配信してくれるシステムがリリースされました。以前はいいねやコメントなどのエンゲージメントでのみ判断されていましたが、現在はショップ機能のデータも広告表示のアルゴリズムの要因になり、Instagram広告からのコンバージョン効果が以前より高まっていると言われています。

弊社出版実績







PAGE TOP