NEWS

Instagram運用のコツ【ブランド】編

Instagramは、ビジネスを展開する企業にとって、重要なマーケティングチャンネルの一つです。Instagramを活用することで、企業はフォロワーとの関係性を強化し、製品やサービスを宣伝することができます。しかし、Instagramを活用するためには、ブランドとの一貫性を維持することが重要です。本記事では、ビジュアルガイドラインの策定、投稿内容の確認、ストーリーテリングの実施など、ブランドとの一貫性を維持するための方法を、具体例を交えながら説明します。

1.ビジュアルガイドラインの策定:Coca-Cola
2.投稿内容の確認:Patagonia
3.ストーリーテリングの実施:Starbucks
4.投稿頻度や投稿時間帯:Adidas
5.投稿内容の多様化:H&M

1.ビジュアルガイドラインの策定:Coca-Cola

Coca-Colaは、グローバルに愛される炭酸飲料のブランドです。Coca-Colaは、ビジュアルガイドラインを策定し、投稿する写真やビデオがブランドのカラーやスタイルに沿っていることを確認することで、ブランドとの一貫性を保っています。

Coca-Colaのビジュアルガイドラインは、レッドカラーの使用方法やフォント、ロゴの使用方法、広告媒体の使用方法などが定められています。これらのルールを守ることで、投稿したコンテンツに一貫性が生まれ、Coca-Colaのブランドイメージをより強固に構築することができます。

たとえば、Coca-Colaは、毎年クリスマスのシーズンには特別なキャンペーンを実施しています。キャンペーンには、クリスマスを象徴する赤い服を着たサンタクロースの姿や、キャンペーン限定のデザイン缶が登場することがあります。これらのコンテンツには、レッドカラーが使用され、Coca-Colaのブランドイメージをより一層強化しています。

2.投稿内容の確認:Patagonia

Patagoniaは、アウトドアウェアのブランドであり、アウトドアライフスタイルを提案しています。Patagoniaは、企業のミッションである「Build the best product」「Cause no unnecessary harm」「Use business to protect nature」などを伝えるストーリーテリングを行い、キャプションやストーリーズでフォロワーと共有することで、ブランドとの一貫性を保っています。

3.ストーリーテリングの実施:Starbucks

Starbucksは、コーヒーに特化したブランドであり、店舗展開もグローバルに広がっています。Starbucksは、ストーリーテリングを用いて、フォロワーとの共感や信頼関係を築くことができます。たとえば、Starbucksは、社会貢献活動やコミュニティへの貢献を伝えるストーリーを投稿することで、ブランドイメージを構築しています。Starbucksは、リユーザブルカップの使用を促進するキャンペーンや、環境に配慮した取り組みを積極的に実施することで、企業のミッションである「Inspire and nurture the human spirit – one person, one cup, and one neighborhood at a time」を実践しています。

4.投稿頻度や投稿時間帯:Adidas

Adidasは、スポーツウェアのブランドであり、多数のフォロワーを抱えています。Adidasは、投稿頻度や投稿時間帯にも注意を払い、フォロワーがアクティブな時間帯に投稿することで、投稿の反応を高めることができます。

たとえば、Adidasは、Instagramに定期的に投稿を行っており、1週間あたりの平均投稿頻度は2〜3回程度です。また、投稿時間帯は、フォロワーがアクティブな時間帯である朝や夕方に投稿されることが多いです。

5.投稿内容の多様化:H&M

H&Mは、ファストファッションブランドであり、インスタグラムを活用して商品の宣伝やファッションアイデアを発信しています。H&Mは、投稿内容を多様化することで、フォロワーの関心を引き続けることができます。

たとえば、H&Mは、製品情報やスタイリングのアイデアを伝える投稿の他に、フォロワーからの投稿を紹介することで、フォロワーとの関係性を強化しています。また、H&Mは、環境に配慮した取り組みを積極的に実施することで、社会的責任を果たしていることをアピールしています。

まとめ

Instagramを活用する企業が、ブランドとの一貫性を維持するためには、ビジュアルガイドラインの策定、投稿内容の確認、ストーリーテリングの実施が重要です。また、投稿頻度や投稿時間帯、投稿内容の多様化にも注意することで、フォロワーとの関係性を強化することができます。それぞれのブランドが、自社のビジネスやミッションに合わせた戦略を実施し、Instagramを活用してブランドイメージを構築することができます。

Photo by ANVA Marketing of pexels.

弊社出版実績







PAGE TOP