NEWS

LINE公式アカウントを活用し、効果測定をする方法とは

LINE公式アカウントには様々な機能がありますが、使いこなせていますか?機能自体は知っていても、実際にはうまく使いこなせてなかったり、ユーザーのアラートになる使い方をしてしまっていることがあります。今回は、LINE公式アカウントの活用方法についてご紹介します。

■マーケティングで活用する方法

①商品に関する情報を定期的に配信する
こちらはテキストのみならず、画像や動画も利用できます。新商品情報や、商品の便利な使い方などをユーザー目線で発信してきましょう。

②イベント情報やリマインド通知を利用する
LINEはメッセージの開封率が高いことが特徴です。開催日直前や当日などにイベント詳細や情報をリマインドのお知らせをして活用しましょう。

③クーポンやタイムセールのお知らせをする
LINE公式アカウントには、クーポン機能があります。「友だち登録した人限定のクーポン」を配信する施策を実施することで、友だち登録を増やすこともできます。
またLINEはすぐに読まれることが多いため、タイムセールのお知らせにも向いていると言われています。

■カスタマーサポートとして活用する方法

①お問い合わせ先として利用する
最近ではコールセンターや公式メールアドレスの設置と同時に、LINEを使ってカスタマーサポートをしている企業アカウントも増えています。
LINE公式アカウントであれば、画像や動画を送ることができるため、電話では伝わりづらいこともスムーズに伝えることができます。また、LINEのチャットであれば複数人からの問い合わせに同時に応対したり、必要に応じてチャットから電話に切り替えたりするといった柔軟な対応も可能です。また、電話やメールではつい両者共にかしこまったコミュニケーションになりがちですが、LINEではスピード感のある、リアルタイムな生の声を聞くことができます。

②アンケートをとる
「お客様のお声をお聞かせください」というようなユーザーアンケートを気軽に実施することができます。ユーザーもLINEでアンケートがきた場合、開封率のよさから電話やメールよりも回答率が高く、お客様の声を早いスピードで汲み取ってサービスや商品に反映させることができます。

PAGE TOP