NEWS

SNSマーケティングにおいてのAI活用シーンとは?

SNSマーケティングにAIを活用することで、一部作業の自動化やデータ解析などを補い効率を上げ、工数を減らすことができます。今回は、SNSマーケティングにおいてのAI活用シーンについてご説明します。

【1】コンテンツ作成の代替

マーケティングにおいてSNSでの投稿を作成する際は、ユーザーの反応や傾向を把握し、自社のマーケティングに適した投稿内容を作成していくことがとても重要です。この作業の際にSNS担当者などが独自の感覚のみで行う場合がほとんどだと思いますが、ここでもAIによりしっかりと分析・コンテンツ最適化をすることで、よりデータに促したコンテンツとなり、工数の面でもコストを削減することができます。

【2】カスタマーサービスの改善

SNS上に投稿された口コミの中には、店舗でのサービスに対するお店の評判、クレームなどの情報が多数書き込まれ、これらをもとに改善を行うことでより良いサービス提供をすることができます。この部分にAIを活用することで、口コミ数が膨大に増えた場合でも素早く客観的に解析を行うことができます。またAIがデータを分かりやすく整理することで、解析が得意ではない現場従業員などにもわかりやすく共有・有効活用することができます。

【3】メッセージの自動化

InstagramやTwitterのDMは顧客からの要望を集めるのに便利ですが、その都度1件ずつ人の手で対応すると膨大なコストがかかると同時に、メッセージを行う窓口が散乱することで、対応漏れや見落としをしてしまう危険性があります。これらの対応をAIを使った自動応答やチャットボットに置き換えることにより、ユーザー対応の大部分を自動化することができます。また一次受けの迅速な対応ができることで、24時間体制での対応が可能になります。

【4】利益率の向上

SNS上でのキャンペーンを実施する際に、データを活用して効果の改善を図ることができます。例えばキャンペーンの実施期間や配信タイミング、広告の配信先、予算配分などを最適化することにより、キャンペーンや広告の配信時には利益率を最大化することが見込めます。

弊社出版実績







PAGE TOP