NEWS

SNSマーケティングにおけるChatGPTの活用

文章のトーンを指定しつつ、ソーシャルメディアに投稿する文章を作成できる

ChatGPTはコンテンツ作成に大きく貢献することが期待されています。目次の作成から内容に関するブレインストーミングに至るまで、様々な場面で利用可能です。Fresh van Root社がChatGPTをコンテンツマーケティングに活用する方法について解説しています。
仮に、タスク管理ツールのソーシャルメディア運用担当者になったとすると、ChatGPT を活用して製品を訴求するSNS投稿の文章を作成できます。例えば、「タスク管理ツールに関するFacebook投稿を5件、作成してください。5件はそれぞれ関連しており、最後にはタスク関連ツールの使用を促します。」といった入力を行います。文章の内容だけでなく、そのトーンを指定することも可能なので、続けて「よりプロ向けのフォーマルなトーンにしてください」とChatGPTに指示すれば、異なる印象を与える投稿文が得られます。

SNS投稿や動画スクリプトの作成で、既存のコンテンツを再利用する

既にブログやWebサイトで公開したコンテンツを、ソーシャルメディアで再利用する場合にもChatGPTは役立ちます。「TrelloとAsanaを比較したブログ記事があります。これをTwitterでシェアするための投稿文を5件作成してください。目的はブログへのクリックを促すことです」と入力すると、ブログの内容を全て公開することなく、ブログへの流入を増加させる投稿が作成できます。
同様に、YouTube動画のスクリプト作成にも応用可能です。「タスク管理ツールの効果に関するブログ記事があります。その内容に合わせたYouTube動画のタイトルと、冒頭に話す2行分のコメントを作成してください」。得られた文言を微調整すれば、すぐに動画作成が開始できるので、生産性の向上に寄与します。

A/Bテストに使用するコンテンツの候補を複数、考案する

複数のバージョンを試して最も効果の高いコンテンツを採用するA/Bテストを実施する場合、その複数のアイデアを考え出すのを困難に感じる場合があります。「タスク管理ツールの効果を訴求するTwitter投稿を、A/Bテストができるように2件作成してください」といった指示により、ChatGPTは、その訴求する内容の違いを解説しながら、候補となる投稿文を出力してくれるでしょう。

まとめ

ChatGPTはコンテンツ作成のプロセスを短縮し、担当者だけでは思いつかなかった角度からの視点が得られる可能性があります。今のところ、事実関係の調査や詳細な調査では手作業が必要になりますが、競合他社との競争に負けないよう、AIを積極的に活用していくべきです。

参考資料
https://freshvanroot.com/blog/content-marketing-with-chatgpt/
著者:Takayuki Sato

弊社出版実績







PAGE TOP