NEWS

SNS運用をアウトソースするべきタイミングを示す兆候

ソーシャルメディア戦略立案やコンテンツ制作の時間が足りないとき

ソーシャルメディアマーケティングは様々なスキル・知識を要するため、担当者一人で全てを運営するのは困難になる場合があります。マーケティング、グラフィックデザイン、コンテンツ作成、メディア広告といった広範な領域が求められるのが実情です。SNS以外の事業も円滑に進めるためにも、アウトソーシングを活用する方法があります。デジタルマーケティング戦略に詳しいCristine Ongson氏がSNS運用をアウトソースするべきタイミングを示す兆候について解説しました。

アウトソーシングが明らかに必要なのは、ソーシャルメディア戦略を立案したり、コンテンツを制作したりする時間が足りなくなったときです。写真撮影から編集、公開に至る一連の活動を戦略的にまとめ上げるには、十分な知識と労力が求められるものです。同様に、SNSに寄せられたダイレクトメッセージやコメントに返信する時間がとれないときは、外部に委託することを検討しなければなりません。

複数にまたがるプラットフォームの管理や情報収集についていけないとき

ソーシャルメディア運営において、今や、複数のプラットフォームを管理するのが必須となりました。それら全てについて管理作業を継続すると共に、表示アルゴリズムの変更などがあった場合にも、情報を収集し、戦略を修正する取り組みが求められます。これらの作業が十分に実施できないときは、外部の専門家の力を借りても良いでしょう。

外部の専門家は、自社のブランドや商品について、新たな洞察を加えてくれるものです。コンテンツ制作やキャンペーン施策にマンネリ化が進んでいるときは、異なるアイデアを持った人に協力を仰ぐと、効果的な戦略が立案できるかもしれません。

有料広告のパフォーマンスが期待されたほど得られないとき

Facebook広告のような有料広告キャンペーンは、事業を成長するのに大きな助けとなります。しかし、期待されただけの成果を得られていなときは、アウトソーシングするのも一つの手となるでしょう。広告管理に強みを持った人材であれば、同程度の予算であっても、より高い広告効果を得られる可能性があります。

まとめ

デジタルマーケティングは深い知識と、最新トレンドの理解が求められるようになりました。そのため、外部へアウトソースするのも当然の戦略です。既存の人材がSNS運用以外の作業に集中し、事業の成長を促進できるのであれば、SNS運用を委託するのも効果的な施策となるでしょう。

参考資料
https://www.linkedin.com/pulse/10-signs-its-time-outsource-your-social-media-marketing-ongson/?trk=articles_directory
著者:Takayuki Sato

PAGE TOP