NEWS

SNS運用(海外/インバウンド向け)のコツ【2023年最新版】

ホテル/旅行業界・地方自治体においても、SNSは重要なプロモーションツールとして活用されています。この記事では、これらの業界に特化したSNSアカウント運用で効果的なインバウンドを実現するためのコツと具体例をご紹介します。以下の方法を試すことで、ブログ記事やウェブサイトへの流入を増やし、成果を上げることができるでしょう。

ターゲットを明確にする

ターゲット層を明確にしましょう。例えば、ホテルの場合、家族連れやカップル、ビジネス客など、どのような客層にアピールするかを決めます。地方自治体では、観光客や移住を検討している人たちをターゲットにすることが考えられます。

関心を引くコンテンツを投稿する

投稿するコンテンツはターゲット層の関心を引くものにしましょう。ホテルの場合、客室や施設の写真、特典情報、周辺観光地の紹介などが効果的です。旅行業者は、旅行プランや観光地の紹介、おすすめのグルメ情報などを提供しましょう。地方自治体では、観光スポットやイベント、移住者向けの情報提供が求められます。

ユーザーとコミュニケーションを取る

ユーザーからのコメントや質問に積極的に対応しましょう。例えば、ホテルの場合、宿泊客からの質問に丁寧に答えることで信頼を得られます。旅行業者や地方自治体も同様に、観光情報や移住に関する質問に対して情報提供を行いましょう。

定期的かつ継続的に投稿する

定期的かつ継続的な投稿が重要です。例えば、ホテルは季節ごとのイベントやプランを紹介するスケジュールを設定しましょう。旅行業者は新しいツアーやキャンペーン情報を定期的に発信し、地方自治体は季節のイベントや観光情報をタイムリーにアップデートすることが効果的です。

ハッシュタグやメンションを活用する

ハッシュタグやメンションを活用して投稿のリーチを広げましょう。ホテルの場合、「#ホテル名」や「#旅行」、「#宿泊」などのハッシュタグが効果的です。旅行業者は、「#旅行」や「#観光」、「#目的地」などのハッシュタグを利用しましょう。地方自治体では、「#自治体名」や「#観光」、「#移住」などのハッシュタグが適切です。また、関連する企業やインフルエンサーをメンションすることで相互の紹介や共有が期待できます。

成果を分析し、改善を続ける

投稿の成果を分析し、改善を続けましょう。アクセス解析ツールを活用して、どの投稿が反応が良かったのか、どのような内容がユーザーに受け入れられたのかを把握します。例えば、Google Analyticsを使って、SNSからの流入数やコンバージョン率を調べることができます。分析結果をもとに、改善点を見つけ出し、投稿内容やスケジュールを見直すことが効果的です。

まとめ

ホテル・旅行・地方自治体において効果的なインバウンドを実現するためには、ターゲットを明確にし、関心を引くコンテンツを投稿することが大切です。また、ユーザーとコミュニケーションを取り、定期的かつ継続的に投稿を行いましょう。ハッシュタグやメンションを活用し、成果を分析して改善を続けることで、SNSからブログ記事やウェブサイトへの誘導を効果的に行うことができます。これらのコツと具体例を参考に、ホテル・旅行・地方自治体のSNSアカウント運用をより効果的に進めていきましょう。


Photo by Oleksandr Pidvalnyi of pexels.

弊社出版実績







PAGE TOP