NEWS

TikTokでの企業キャンペーンの成功事例から学ぶべきポイントとは?

TikTokにおける企業のキャンペーンとはどのようなものか、成功事例から学ぶべきポイントについてご紹介します。

【成功事例】

①サントリー
新商品とNMB48内のグループユニット「Queentet」がコラボした動画「#ピーカーダンス」を全12篇公開し、ダンス動画の流行とともに新商品のPRを目指すキャンペーンを実施しました。結果、動画の総再生回数は1,500万回を超え、新商品の売上向上に貢献しました。

②東京カレンダー
オリジナルの楽曲に「#東カレドラマに出たい」という独自のハッシュタグをつけ、投稿したユーザーの中から1名、実際にドラマに出演できる権利を与えるキャンペーンを実施しました。また、ドラマのように制作したショートムービーを公開し、それを最後まで視聴したユーザーには毎回違うお店のクーポンがもらえるというようなキャンペーンも行っています。

では上記成功事例から学ぶべきポイントとは何なのでしょうか。

▼ターゲットを明確にする

TikTokキャンペーンで企業が成功するには、ターゲットを明確に設定することが重要です。「新商品をPRしたい」のか、「企業ブランディングを向上させたい」のか等、キャンペーンを行う目的はその時々で異なります。まずは、TikTokキャンペーンをどの年齢層にリーチさせたいのかを考え、その年齢層にはどの様なコンテンツが刺さるのかを設定しましょう。

▼ユーザーが参加しやすい内容にする

TikTokキャンペーンで企業が成功するには、ユーザーが参加しやすいようなキャンペーン内容に設計することが第一です。ユーザーが参加しやすいコンテンツを作成する際のポイントとしては、ダンス動画などでは真似しやすさを意識したり、独自のキャッチーなハッシュタグを設定したり、インフルエンサーによるお手本動画を拡散したり等が重要になってきます。特に「ハッシュタグチャレンジ」はユーザーが真似しやすく、拡散力が見込めるため、ぜひ企業やキャンペーンに合ったキャッチーなものを使用しましょう。

▼キャンペーン以外の投稿も工夫する

TikTokキャンペーンで企業が成功するには、キャンペーン以外の投稿も工夫することが大切です。それにより、キャンペーン以外のバズった動画からファンになってくれ、認知度をあげてユーザーを獲得することができます。キャンペーン期間の前後は毎日決まった時間に投稿を行ったり、トレンドに合わせた動画を作成したり等、バズる仕掛けを積極的に作っていきましょう。

PAGE TOP