NEWS

TikTokでブランド認知を高めるには

高い成果を上げている動画は720p以上の高解像度

TikTokが普及するに従い、若い世代だけではなく、多くのユーザー層にリーチできるソーシャルメディアとして認識されるようになりました。ターゲットとする層へ適切なコンテンツを届ければ、TikTokは多くの商品やサービスの認知を高めるのに役立ちます。Relevant Audience社がTikTokでブランド認知を高めるためのベストプラクティスについて解説しました。
解像度の高い動画は、視聴者に良い印象を与えます。TikTokの調査によると、高い成果を上げた動画広告のうち83%は720p以上の高解像度であり、解像度が低いものに比べて5.4%多くの閲覧数を記録したと報告されています。最新のスマートフォンがあれば高い解像度で動画を撮影するのも容易です。動画編集ソフトで加工した際には、解像度が変わっていないか投稿前に確認すると良いでしょう。

複数のシーンをつなげた30秒前後の動画で高いインプレッション数を記録

TikTokのユーザーは特に、短い時間でコンテンツを消費するのを好む傾向にありますが、動画は短すぎてもいけません。人気を集めた動画の4分の1は21~34秒の長さであり、平均して16%高いインプレッション数を集めています。
TikTokでは、一つのシーンを長回しするよりも、複数のシーンをつなげた動画の方が好まれるとされます。例えば、製品を紹介する場合には、複数の視点から見た動画を一つにまとめる方法が考えられます。Eコマース企業の動画の多くでは、この手法が用いられています。

人間やアニメのキャラクターが登場する動画は想起率が高い

統計によると、縦に長い動画は、横に長いものや正方形のものに比べ、40%多くのインプレッション数を得たとされます。撮影してから動画のアスペクト比を変更することも可能ですが、画面の端に黒いバーが見えてしまうのは、ブランドイメージに悪い印象を与えてしまいます。
TikTokの動画では、人間、あるいはアニメのキャラクターが出演するものに人気が集まります。TikTokの調査によると、視覚効果だけを表示するものに比べ、人間やキャラクターがあるものの方が、想起率が8%上昇したとされます。コンテンツに人的な要素を加えられないか、アイデアを練ってみると良いでしょう。

まとめ

TikTokは、企業がリーチを広げるのに有効なプラットフォームです。コンテンツの投稿には創造性が求められるアプリではありますが、適切に運営すれば、高いインプレッションやコンバージョンが得られるでしょう。

参考資料

Best practices on TikTok to develop your brand’s presence


著者:Takayuki Sato

弊社出版実績







最近の記事

PAGE TOP