NEWS

TikTokとInstagramリール:マーケティングに適しているのはどちらか

60秒以内の短尺動画に特化したInstagramリール

短尺で縦型の動画はユーザーの興味をひきつける効果があるとして、マーケティング目的での利用が増えています。89%のマーケティング担当者はTikTokやInstagramリールを介してマーケティング戦略を強化したいと考えているという調査があるほどです。Influencer Marketing Hubが、これら2つのプラットフォームの特徴と違いについて解説しています。
TikTokとInstagramリールは一見、同じような機能を有しているように見えますが、いくつかの点で相違があります。まず、Instagramリールは60秒以内の動画を掲載しているのに対し、TikTokは徐々に長い時間のコンテンツを許可するようになり、2022年2月からは10分の動画も投稿できるようになりました。

動画フィルターや推薦アルゴリズムに強みを持つTikTok

TikTokは、動画フィルターや字幕の自動生成といった機能が豊富だという特長があります。ユーザーが音楽を共有できるため、コンテンツに挿入できる音楽や効果音についても、Instagramリールに比べ、TikTokの方が多様な選択肢が提供されるようになりました。
また、TikTokはユーザーの興味に合わせてコンテンツを推薦する機能に定評があります。一方、Instagramリールは、それほど推薦アルゴリズムが洗練されていないと言われています。加えて、Instagramには短尺動画だけではなく、カルーセル画像や長尺のIGTV動画などもあるので、多様なフォーマットを使いこなす必要があります。

ターゲットとするユーザー層に合わせてプラットフォームを選択するべき

TikTokとInstagramリールで、どちらがマーケティングに適しているかを判断するには、ターゲットとする顧客層を考慮する必要があります。TikTokはZ世代に好まれる傾向があり、流行りのコンテンツを利用して急激な成長を狙うのに適しているでしょう。一方、Instagramはミレニアル世代のユーザーが多く、短尺動画も、それほど競争が激しくありません。
ある調査によると、Instagramのインフルエンサーはエンゲージメント率が3.86%にとどまったのに比べ、TikTokは18%に達したという報告があります。TikTokは、コンテンツ制作と共有を容易にし、フォロワーを増やすのに適したプラットフォームだと考えられます。

まとめ

TikTokとInstagramリールは、機能やユーザー層に違いがあるため、マーケティング目的では両方を使用しても構いません。それぞれに適したコンテンツを投稿していけば、より多くのユーザーへリーチし、ブランド認知を高めることが可能になります。



参考資料
https://influencermarketinghub.com/reels-vs-tiktok/
著者:Takayuki Sato

PAGE TOP