NEWS

TikTokにおけるインフルエンサーマーケティング

消費者を触発し、購買意欲を喚起するインフルエンサーマーケティング

インフルエンサーマーケティングは、ソーシャルメディア上で影響力を持った人を介して、ターゲットとする層へリーチできる機会をもたらします。ユーザー数を増しているTikTokにおいても同様のチャンスが広がってきました。Small Business Trends社がTikTokにおけるインフルエンサーマーケティングについて解説しています。
インフルエンサーマーケティングは、広告を補完する存在です。製品やサービスを宣伝するだけでなく、インフルエンサーは消費者を触発し、購買意欲を喚起するきっかけとなります。TikTokでは、インフルエンサーによる動画が人気を集め、多数の人へリーチすることが期待されるようになりました。

自社のマーケティング戦略に合致すれば、低コストの協業も可能

TikTokインフルエンサーは、その動画編集スキルと創造性を強みにします。そのインフルエンサーが得意とするニッチ市場のユーザーへリーチしたいときには、最適な協業相手となるでしょう。また、試供品やイベントへの招待を報酬に含めれば、インフルエンサーと協業するコストは、一般的な広告出稿よりも安く済む場合があります。
優れたインフルエンサーは数百万人のフォロワーを有しています。しかし、マーケティング戦略によっては、それほど人気のあるインフルエンサーと協業する必要はありません。自社が本当にターゲットしたい層と、その層と交流のあるインフルエンサーを特定するのが重要です。そして、どれほどのマーケティング上の成果を目標とするのが、明示的に計画することが推奨されます。

フォロワー層の特性を分析し、最適なインフルエンサーを選択

インフルエンサーを選択する際には、どのようなコンテンツを、どのくらいの頻度で投稿しているのかを十分に調査する必要があります。フォロワーの年齢層・居住地・性別といった特性を理解するべきです。また、企業の提携先として相応しいインフルエンサーであることを確認します。過去のコンテンツで、どのくらいのコメントを得られたのか、シェアされたかといったエンゲージメント率の検証も欠かせません。

まとめ

若い世代をターゲットとする企業にとっては、TikTokが最適なプラットフォームと言えます。TikTokが成長するに従い、それをマーケティング目的で活用する企業も増えてきました。成果を上げられるよう、TikTokの使い方を研究し、積極的に利用していきましょう。

参考資料

Getting Started with TikTok Influencer Marketing


著者:Takayuki Sato

弊社出版実績







PAGE TOP